エンジニアというのはこだわりの強い人種なので、やはりそれぞれに「ここは譲れない」というポイントを持っていたりする。というよりも、むしろこういった部分こそが、その人のエンジニアリングへの適性の大きな部分を占めているようにも見える。